Upcycle Furniture in Tokushima

箪笥を活用したロッカー制作とインテリアコーディネート

美馬市テレワーク促進施設[ ]&Work様向けに箪笥をアップサイクルしたロッカーの制作とインテリアコーディネート(別拠点の古民家から古道具を掘り起こし、新しい家具と組み合わせながら)を実施しました。


dot studio architectsにはアップサイクル家具のデザイン面でご協力頂きました。

 

デザイン意図


日本の伝統的な和箪笥とイギリスのヴィンテージバラスターを掛け合わせることで新しい家具としてアップサイクルしました。


異なる土地の文化、文脈で生まれた機能性や意匠性を掛け合わせることでありそうでなかった、どこか懐かしくも見たことのない斬新なデザインが生まれると考えました。


ただし箪笥の意匠性を著しく損なうほど手を加えることはせず、またバラスターの意匠性も大きく壊さず、お互いの文化を尊重することで生まれたデザインです。


そして生まれたものはかつての空気感を纏いながら、不思議とマッチしています。

現代の空間にもマッチしながらも、先進的な印象を与えるメッセージを発信します。


 

素材


無垢 婚礼箪笥

昭和後期(1980ごろ)に作られたと想定される婚礼箪笥。もともとは砥の粉で塗装されていたものを洗浄しています。金具に細工があったりと、細かな装飾が目立ちます。


バラスター(手すり子)

1930年代にイギリスで手すりに使われていたバラスター。塗装がきれいにはがされています。



 

デザイナー


Toshiyuki Numa


1982年  富山県生まれ

2007年 法政大学大学院建設工学科修了

2008年  設計組織ADH

2014年  dot studio開設

  

2021年GOOD DESIGN賞 

第53回中部建築賞入選

Gallery IHA 住宅建築賞審査員賞 

LOCAL REPUBLIC AWARD 2020  

Social Good Distance DESIGNCOMPETITION 審査員賞 など

 

美馬市テレワーク促進施設 [ ]&Work

〒779-3602 徳島県美馬市脇町大字猪尻西分 116-1 2F



Project Gallery